アイスにしても深みのある味わいと芳醇な香りを楽しめる豆とは? 注文してから焙煎しているものを選ぶ...

アイスコーヒーに最適な豆の選び方

アイスにしても深みのある味わいと芳醇な香りを楽しめる豆とは?
注文してから焙煎しているものを選ぶこと【香り】
アイスコーヒーにすると珈琲の香りが楽しめないと感じる方も多いと思います。珈琲の香りを引き立たせるためには、焙煎した後に豆が酸化するのを防ぐことが大事。焙煎した後は時とともに香りはどんどん消えていくので、注文してから焙煎しているかを確認するのは必須です。
豆の品質と鮮度が良いものを選ぶこと【味わい】
まずはグレードの高いスペシャルティコーヒーを採用しているかどうかがポイントです。また、カッピングが丁寧に行われているか?収穫されてから1年以内の新鮮な豆を使用しているものを選びましょう。品質が良く、鮮度が高ければ高いほど、深いコクがあるのに、雑味のないクリアな味わいを楽しむことができます。
焙煎技術が優れているものを選ぶこと【味わい・香り】
アイスコーヒーにすると、味と香りが薄まってしまうので、濃いめに抽出する必要があるわけですが、濃く抽出すればするほど、雑味や渋みが目立ってしまいます。それを防ぐために必要なのが高度な焙煎技術です。豆の状態や気候に合わせて適切な焙煎を行えるかどうかが、雑味や渋みの内クリアな味わいを引き出すためのポイントとなります。